​genre:Gray

​ファの行方 

​出演:塚田次実 

作劇・演出:黒谷都

Profile

 

 

◇出演=塚田次実(モノ遣い:object performance)

Tsugumi Tsukada
 

1999年人形劇を先駆的に革新したチェコの人形・舞台美術家ぺトル・マターセク氏を招き開催されたオブジェクトシアターWS『人形演劇プロジェクト2000』に参加し、“モノ”の表現を学ぶ。2000年には同プロジェクトの有志とオブジェクトシアター「ヂバドロ・アノ」を結成し、以後“モノ”と共に舞台に立ち続け、数々の作品を発表。

岡本芳一氏(百鬼どんどろ)脚本・演出による『夢のうつつ 現つのゆめ』シリーズにて「フェイク」を国内外で公演。

また、人形遣い 黒谷都に師事し「人形やモノの表現を長期に渡り探り作品発表をするWS『月の娘たち』」に学び、genre:Grayの遣り方を共に探る。

現在“モノ遣い”と名乗り、人形、オブジェを操る遣い手として、他ジャンルとの恊働創作の場を広げ活動。

キラリ☆ふじみ公演「水仙月の四日」「夜長姫と耳男」に出演。
 

 

 

◇作劇・演出=黒谷都(人形遣い:puppeteer)

​Miyako Kurotani

​1973年、人形遣いとして活動開始。

1977年「銀猫商會」を旗揚げ、企画・主演をつとめる。その間、舞踏集団「ダンス・ラヴ・マシーン」に在籍。

1994年、チェコ研修。

2002年、自らの人形技を「genre:Gray利己的物体と奉仕的肉体によるグロテスク」と名乗り、現在に至る活動を開始。人形と人形遣いとの命の往還を柔らかな幻惑のうちに表現し、人形演劇の領域を広げるパフォーマンスに挑み続ける。

 

キラリふじみでは、

2016年1月、宮沢賢治原作「モノ語り◇水仙月の四日」作劇演出出演。2017年2月、坂安吾原作「夜長姫と耳男」作劇演出出演。8月「KUROSOLO参番 涯なし」作劇出演。今回「ファの行方」作劇演出をする。

 

 Blog

 

Information

ヒトカタ遣い×モノ遣い

百鬼ゆめひな「創作神楽“風”」

  構成・人形美術・出演:飯田美千香 

 原案:小林豊 音楽:木並和彦 

衣装:小林露(地球屋)

genre:Gray企画

 出演:塚田次実 作劇・演出:黒谷都 

音構成:中村嘉宏

​genre:Gray「ファの行方」

 

「人とヒトカタが織りなす夢幻を舞う」人形(ルビ=ヒトカタ)遣い飯田美千香と、モノ遣いを名乗り「モノが見ている世界を見たいともがく」塚田次実。

キラリ☆ふじみでの人形演劇公演第四作は、同時代を生きる二人の女流遣い手の艶やかな競演をお届けします。

飯田は、情念の人形師「百鬼どんどろ」岡本芳一の継承者であり、塚田は、現代の傀儡女「genre:Gray」黒谷都のDNAを受け継ぎ、今、それぞれの華を咲かせています。

異なる遣り方で、命なきものの命の痕跡に向き合う二作品を、どうぞお楽しみください。

2018年5月25日[金]19:30開演・26日[土]15:00開演

※開場は開演の30分前。※両日ともに終演後、アフタートークを開催。

ゲスト= 25 日(金):赤坂憲雄(民俗学者)

                 26 日(土):目黒陽介(ジャグラー・演出家) 

会場:キラリ☆ふじみ マルチホール

 

料金:[前売•当日共]一般3,000円 大学生2,000円 高校生以下1,000円

(日時指定•全席自由•整理番号付き)

 

お問い合わせ:富士見市民文化会館キラリふじみ

TEL.049-268-7788 http://www.kirari-fujimi.com/

 

Contents

​ヒトカタ遣い×モノ遣い

〜異趣なる二人の遣い手が、束の間のいのちに手を添える〜

genre:Gray企画

2018年5月25日[金]19:30開演・26日[土]15:00開演

富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ マルチホール